よこは迷走中

アラフィフなのに末っ子は保育園児。食べるの大好きなのにダイエット。アナログの人なのにブログ。

Your SEO optimized title

ブログを毎日ぼちぼち続けるために工夫したこと

f:id:yoko4725y:20190428202731p:plain

ブログを始めた当初。

誰からも読んでもらえなくてさ。(当たり前のことなんだけどね。)

ちょっと誰かに読んで欲しくって職場の同僚にブログ始めたけん読んで~って宣伝した。

 

それから数か月経ち

ふと同僚から

最近ブログ更新されてないねえ。。って言われてしまった。

 

優しい同僚は読んでくれてたんだ。

うれしい。。。

な・な・なみだが止まらない。

 

「週末は更新してますよ。平日は忙しくてできないのよ。」

とお約束の言い訳してきた。(笑)

 

 

そして、これまた同じ日。自宅で夫と雑談してる時にあんたは継続力がないねえって言われてしまった。

 

それは何の継続力?

1日1つ。断捨離して片付けします宣言のこと?

www.yoko4725.com

毎日のお弁当をTwitterにアップするってこと?

twitter.com

 

思い当たる節がたくさんあって何のことだかわからん。

何よ?何?

 

「ブログだよ。」

 

ん、ん、、、

また言われてしまった。

 

同僚も夫も同じことを言う。

「この人のブログは共感できるなって楽しみにしてブログを見に行ってもね。

更新されてなかったら足が遠のくよ」って。

 

耳が痛くなる正論だ!

全く反論できない。

 

コツコツが苦手ってわけではないが・・・。

単純に時間がないわけで。

 

おっ!出た。出た。

フルタイムで働いて帰宅が18時半だから時間がないって言い訳始った。

子どもがいるから時間がないって言い訳始った。

 

今までは言い訳ではない。本当に時間がないと思ってた。

しかし、最近時間がないは言い訳だなって思うことがある。

 

というのも

夫も毎日ブログを更新してる。

それは何年続いてるか知らんが毎日更新してる。

 

そりゃ。

仕事だけでさ。

帰宅したらパソコンに向かいパチパチ。

朝も起きたらパソコン。

そりゃ、出来るに決まってるやん。

 

ワタシは洗濯して、ごはん用意して、子どもの世話して

それでフルタイムで働いてるんだから

できるわけない~って思ってたんだけどさ。

 

夫が夕ごはんを作ってくれるようになってからは条件が違う。

www.yoko4725.com

夫が夕ごはんを作るようになって確実に夫の自由時間は減った。

もちろん食材の買い出しも夫がしてくれて

ワタシが帰った時には夫は自分のお弁当箱も洗ってしまってる。

 

なのに、なのに、

夫は毎日ブログを更新してる。

 

やはりワタシの平日は時間がないから更新できないは言い訳のようだ。

 

ワタシもさ。

金曜日の夜が来るのが楽しみで月曜日になるとテンションがマックスに下がる生活から脱出したい。

仕事がイヤってわけではない。楽しくもないが・・・。

 

毎朝、出勤して同僚におはようございますって挨拶しながらいつも思う。

 

前日の業務後、お疲れさまって言って別れたのが今さっきのような気がする。

もちろん毎日定時であがっていて、決して残業ばかりのブラックではない。

 

とにかく時間の流れが速い。

このままではヤバい!

 

じゃあ、どうしたら毎日ブログの時間を確保することができるんだ!

毎日のルーティンの順番を変える

 

最低限の家事って後回しにしても絶対にするでしょ!

例えば、わが家は5人家族なので洗濯は毎日。茶碗洗いは膨大に見える。

 

いつも洗濯などの最低限の家事を終わらせてからブログ。すると茶碗を洗い、洗濯干した後に、疲れたから寝ちゃおうってなってしまう。

ブログを書いて洗濯物を干す。洗濯はサボると後が大変だから、多少きつくても絶対に干して寝ちゃうのよ。

順番を変えてみるってのもいい方法。

 

デメリットは家事が終わってないことが気になってしまいブログに集中できない。

 

 

毎日、決まった時間を作って習慣化する。

 

ブログ更新のため毎日決まった時間にパソコンに向かう。

わが家の場合、夕ごはんの後は小学生の宿題&勉強タイム。

子どもの勉強タイムにブログを書く。

リビングでいっしょに座って決まった時間いっしょに作業をするってのも習慣つけるためにはいい方法だ。

1人で毎日続けるのはきついけど、子どもといっしょなら続けれるのではないだろうか。

デメリットは小学生低学年だから勉強時間そのものが短いのと、音読やら九九やらの相手してたら集中できない。

 

家事の終わりの時間を決める

家事の残業はしない。

帰宅してから21時まで家事や子どものお世話に全力投球して

家事が残っても時間が来たらやめる。

そして、寝るまでは自分の時間を確保する。

時間のメリハリをつけることで自分の時間を確保できるのではないだろうか。

 

デメリットは最低限の家事しか終わらず部屋が散らかったままになってる。

 

時間のない平日の夜の使い方。

もっと工夫して毎日を楽しく過ごしたいものだ。