よこは迷走中

アラフィフなのに末っ子は保育園児。食べるの大好きなのにダイエット。アナログの人なのにブログ。

Your SEO optimized title

小学生の国語辞書購入!中古やお下がりでもいいのか?

小学3年生になったら学校で使う国語辞書。

 

上の子が使っていた古い国語辞書を使ってもいいかっ!って思ってるのはワタシだけ??

兄弟多かったらさ。

上の子が雑に使っていた小学生用の国語辞書があるわけで。

 

数千円とはいえ、小学生の国語辞書って小学生の間だけしか使わないしさ。

 

たった数年間だからと普通の国語辞書使わせたらさ。

やはり小学3年生には難しすぎて、辞書を引くってこと自体が嫌になったら意味ないじゃん。

 

 

毎日のように使いこなすような勉強好きな子どもはワタシからは生まれないだろうし!

1人に1冊ではなくて、家に1冊でいいじゃん。

 

お下がりを使ってもいいかどうか学校で担任の先生に聞いてみた。

 

f:id:yoko4725y:20190427230023p:plain

 

福岡市某地区の小学校での使用頻度

 

先生が言われるには学校から一律で購入することはなく、家庭にある国語辞書を持参してください。

学校にも貸し出し用の国語辞書はあるようで購入せずに学校の辞書を使ってもいいと。

 

ワタシの子ども時の大昔は学校で指定されたものを購入したりしていたが、今はすっかり自由度が高くなってるねえ。。

いいことだ。(笑)

 

学校でも貸し出し用の辞書があるならば学校のを使わせてもいい。

しかし、なぜか辞書に付箋をペタペタ付けるんだよね。

 

これは今は大学生の上の子の時からのなんだけどさ。

調べた語彙に付箋を貼る。

そして説明文にわからない言葉があったら調べて付箋を貼る。

辞書をひくたびに付箋が増えていき、付箋だらけの辞書になる。

 

付箋を付けることで子ども達のやる気がアップするらしくって。

わからないことは自分で調べる習慣がつき、調べることを楽しむようになるとか。

めんどくさがらず辞書を引く習慣がつくのはいいことやん。

 

ってことを考えると、貸し出し用の辞書には付箋を付けられないので、わが子専用の辞書を用意しないといけなくなる。

 

お下がりや中古の辞書でもいいのか。

 

小学生用の辞書って小学生の間しか使わないからね。

中学生になったら小学生用の辞書では調べても載ってない言葉があるので普通の辞書じゃないと対応できなくなる。

 

数年しか使わないからさ。

子ども一人に対して1つ購入するのはもったいないなって思う。

 

学校の先生も上の子が使ったものなら、購入せずにそのままでも使ってもいい。

許容範囲って言ってるし。

お下がりOKだ。

やったね。

 

だが、

ちょっと待った!

兄弟で使っていた辞書でも5~6年は使えるけどさ。

出来れば5年以内に改訂された物が良い。

さすがに10歳年の離れたお姉ちゃんが使っていたものは古すぎるようだ。

 

というのも

言葉は生き物。

 

新しく辞書に追加された言葉や意味もある。

常用漢字も変わっていく。

 

そもそも、学習指導要綱も日々変わって行ってついていけないくらい。

時代にあった言葉の解説が詳しく載ってるほうがいい。

 

 

家にあった昔の小学国語辞書にはソビエト連邦って国が載ってるし。

今はソビエト連邦って国はないからねえ。。

間違って覚えたら大変。(笑)

 

改訂年月日に着目

当たり前だけど、最新年月日であれば用語も言葉も最新。

 

流行語や時事用語、新しい文物も最近の辞書には最新の物が載るわけで・・。

言い回しとかも時代とともに変わって行くもの。

あまりにも古いのは使わない方がベターです。

 

辞書を購入する時のポイント

 

授業参観で学校に行った時に学校おススメの見本の辞書が3冊ほど置いてました。

どれを選べばいいか迷ってしまう。

 

 

先のことを考えて辞書を購入するのは中学生になってからでいいと思う。

 

上の子が高校になった時には電子辞書が必須だった。

小学校では、まだまだ紙の辞書が主体ですがこれから先どう変わるかわからない。

 

ここは小学生の間だけだからと割り切って子どもに選ばせるのもいい。

子どもが使いやすいの一番だもんね。

 

  1. イラストや写真などわかりやすく説明されてる。
  2. 色分けされて見やすい
  3. ルビ(振り仮名)がふってある。
  4. 文字が大きく記載されてる。
  5. 子どもの手に合ったサイズ。大きくても小さくても使いにくいようだ。